ダンナにバレた

2009/10/31 土曜日 - 16:54:39 -

家に『JIN-仁-』の単行本が3~16巻まで揃っていることがバレた。
厳重に隠すつもりはなかったんだが、私は日頃から、あちこちに魔窟(片付かない物品が混沌としている)や、本の山積みを作っているもんで、バツが悪い。なので、『JIN-仁-』は居間のクローゼットの中の棚にひっそりと置いておいた。その棚は随分前にダンナが整理整頓してくれた棚で、「ここに、これ以上、物を置いてはダメだよ」と釘を刺されていた。

数日前に、タマが単行本を2冊ほど使って遊んでいるのを、ダンナは見ており、「どうして15、16巻だけあるんだろう?」と思っていたらしい。そして、一昨日、タマのインフルエンザ休園でダンナも会社を休んで自宅にいるとき、何気なくクローゼットを開けたら、『JIN-仁-』が勢揃い。そりゃ、ビックリしたそうだ。

「ここは、かかしのエース漫画(最近イチオシ漫画)を置く場所ではない」と再度釘を刺された。
「そのうち、仮面ライダーWも置くんだろうけど」

「仮面ライダーWのDVD」と限定しなかったってことは、ムック本とかも買うと思ってらっしゃるね?
買わない、買わない、DVDも買いません。

拍手する

ドラマ『JIN-仁-』に未来(ミキ)がいる理由を考えている

2009/10/28 水曜日 - 23:48:03 -

第3話を3回、見返した。
見るたびに、こりゃあ、仁先生は咲を想うことはないな。未来(ミキ)一筋になるな、と思えてきた。すっげえ残念だけど。
原作通りじゃないから嫌だというよりは、大沢たかおと綾瀬はるかの凸凹コンビが微笑ましくて、この2人がお互いを想い合っていたら、そりゃあそりゃあニヤニヤしちゃうだろうなあと思ったからなのだ。
だって、大沢たかおと中谷美紀だと、いかにも美男美女のカップルで(綾瀬はるかは、もちろんカワイイ!!)、見ていてムカつくんだ。出来すぎだろ、お前らって。

第3回のラストだって、七五三の着物を誇らしげに見せるような仕草の仁先生と、笑顔の咲さんでさあ。仁先生、そんなクシャクシャの笑顔を見せておきながら、心の中に違う女がいるって
どーいうことなのよーーー!!!???

今まで私はドラマをただの恋愛ドラマにするなと書いてきたけど、微笑ましい凸凹コンビは見たいんだよぉ。
イチャイチャしろってことじゃなくて、お互い想っているのに、なかなか進展せずにいる、とか、そういうのが見たいんだー!!
でも、たぶん、ドラマは無理っぽい。咲さんは仁先生を想っていて、微笑ましいやりとりをしていても、仁先生の心は明後日(どころか100年以上先)を向いちゃっているのよね。そんなん、あーりーかー!!

未来にミキがいる弊害はまだある。
未来=ミキになっているもんだから、仁先生が未来へ思いを馳せるとき、100%ミキしか出てこない。
今後出てくるペニシリン製造の方法もミキが研究したことになっているそうだ。原作では大学時代の友人(男)の研究なのに。大学時代の友人っつーのも、唐突と言えば唐突なんだけど、南方先生の医学生時代が垣間見えて、よかった。
しかし、ドラマでは未来の象徴はミキで、未来のスケールが小さい。

が、これこそが、ドラマにミキを登場させた理由なのでは?と思った。
原作は未完で、南方先生が江戸時代にタイムスリップした理由は未だ判らない。南方先生が江戸時代にきたことで、未来にどういう影響をもたらしているかも、判らない。どうすれば、話が〆になるかも判らない。
2009年10月末現在は、坂本龍馬の暗殺をくいとめることが1つの山場になりそうだが、暗殺を阻止できるのか、できたとしたら未来は変わるのか。これって、すごく難しいテーマじゃないか?未来は変わったとして、変わったことをどう表現するのか?暗殺阻止に失敗したとして、この先のストーリーはどうなってしまうのか?

これが、ミキがいるドラマでは、ミキの運命が変わった、ミキが植物状態ではなくなった、という明確な未来の変化を見せることができる。ドラマの終わり=未来のミキの元へ帰ること、で締めくくることができる。
スケールが小さかろうが、ストーリーを明確に完結できるのだ。
そっかー、ミキはドラマの着地点なんだね。ドラマをきれいに終わらせるためにいるんだ。そう考えることにした。

それに、咲を選ぶとすると、咲の幸せとは何だ?という話になる。
原作では、ある事情で咲は実家を勘当され、南方先生の診療所に住み込みで看護婦をする。実家の母(栄さん。麻生祐未、バッチリっす)は、勘当しても娘を思う気持ちに変わりなく、南方先生に「あの子が医術を身につけるまでは家に戻ることは許さないとお伝え下さい。南方先生、どうか咲を幸せにしてやってください」と涙ながらに訴えた。
これを、南方先生は何を勘違いしているのか「咲さんの幸せ=一人前の看護婦にすること」と思っている。それを野風に指摘され、「咲さんの幸せとは、好きなひとの子供を産み育てることでは、ありんせんか?」と言われる。

そう!!野風ってさー!!こういうことをサラッと言ってくれちゃうわけよ。自分も南方先生を好きなのにね!!野風格好良すぎる!!

で、これ以降、南方先生は時折、咲を幸せにしたいとの想いにかられ、求婚もした。まだ結婚はしてないけど。
原作は咲の幸せ=結婚=子供、のスタンスらしい。
これは、坂本龍馬暗殺阻止と同じくらい深いテーマで、100年以上違う時代の人間、本来出逢うはずのない2人が結ばれて、子孫を残して良いのか?というテーマなのだ。そして龍馬以上にちっとも、話が進んでいない。
これを11回のドラマで結論づけるのは無理な話だろう。原作でもまだなんだから。それこそ、恋愛の話ばっかりやってられないし。
だから、やっぱり、ドラマは咲の片思いなのかもしれない。
ひー。残念だ。

第4回放映まで4日もあるのに、毎日こんなんで、私の頭は大丈夫か。

拍手する

新型インフルエンザその後

- 16:44:30 - タグ:

現在、タマは昼寝中。その合間にブログ更新しております。

タマが新型インフルエンザと診断されてから5日目。たまーに、咳をして、声がしゃがれてますが、熱もなく、家に閉じこもっているわりには食欲もほどほどあります。
そう、タマは23日に小児科に行って以来、ずっと家に引きこもっています。
体調が良かろうが悪かろうが、今週いっぱいは保育園は登園禁止なのだ。
月水金は私が会社を休み、火木はダンナが休んで、家に籠もってる。

タマは今まで「外に出たい!!」と全く言わず、録画した『新・三銃士』を見たり、『JIN-仁-』を見たり、レゴで遊んだり、粘土で遊んだりしている。
外に出たいと騒いだら困るなあと思っていたのに、全然言わない。
事前に「タマはインフルエンザだから保育園を休むよ。外には出られないんだよ。」と言っておいたからかだろうか。それでも出たくなるだろうと思っていたのに。

話は遡り、タマが発熱したのは22日で、38度3分だった。
居間に昼寝布団を敷いて寝かせていたら、寝ていたはずなのに、突然ケラケラ笑いだした。ダンナはまだ仕事中で、居間にいるのは、私とタマとコロ(犬)だけ。
「アハハハハ」発熱したタマが笑っている。私が呼びかけても、タマは起きない。私の脳裏に浮かんだのは、インフルエンザ脳症。
その20分後に嘔吐。
私は、迷ったが救急車を呼んだ。自分が冷静に車を運転して夜間救急に連れて行けると思えなかったし、万が一が怖かったからだ。

救急車は数分で到着し、到着する頃には、タマは普通に受け答えが出来る状態で、救急車を呼ぶほどではなかった。
夜間救急に着いてからも緊急性は低いと判断され、普通に順番待ちして受診した。
夜間救急では、吐き気止めと解熱剤だけもらい、帰宅後に吐き気止めを入れて(座薬)、その後、何事もなく寝た。
翌朝に小児科に連れて行き、新型インフルエンザと診断された。

私がパニクって救急車を呼んでしまったが、タマはなんてことなく、軽症だった。
昨日でタミフルも飲みきり、保育園復帰まで、あと少し。がんばれ、タマ。

拍手する

JIN -仁-第3話を見たよ

2009/10/26 月曜日 - 0:06:54 -

放映前に、風呂に入り、歯を磨き、寝室に布団を敷き、夕飯の食器を食洗機にかけ、洗濯機を回し、ゴミをまとめ、トイレを済ませ、できることは全てやってから、テレビの前で待っておりました。
+   +
  ∧_∧  +
  (0゚・∀・) ワクワクテカテカ
  (0゚∪ ∪ +
  と__)__)   +

こんなにテレビに心躍らせたのは何年ぶりのことやら。
今は録画機器があるから、とりあえず録画しておけば、後でいくらでも見られるではありませんか。結局、それで録画しても見ない番組が山ほどあるではありませんか。
JINももちろん録画してますが(もうDVD-BOX買っちゃいそう)、やっぱ21時に見たいよな!!

見ましたー!!ワクワクドキドキが止まりません。
仁先生が髷を結う=江戸に生きる決意をした、というのは、すごく素晴らしい表現だと思った。あと、緒方洪庵への手紙の字が下手くそなのも笑える。とりあえず、時代劇風に「~候」をつけてみたって辺りもいい。
髷&着丈があった着物姿(今までツンツルテンでした)で、咲に会い、照れ笑いする仁先生。ずるいだろー、その笑顔ー!ヤバイって!

その前の場面では、自分が未来から来たことを咲に告白してました。タイムスリップしてしまった不安や、人を救ったつもりで救えなかった無力感で、みっともなく泣いてもいました。原作の南方先生が胸の内に秘めていた感情を、ドラマの仁先生は咲にぶつけていたんですね。
素直に弱さを吐き出して、すごく、いいと思います!!
原作の南方先生も、口には出さないだけで、咲の存在が大きな支えになっていますから。

自分が生きているのか死んでいるのかもわからない中で
わたしが正気に踏みとどまれたのは
橘咲という少女の存在があったからに違いないのです

心の中で言ってますから。

しかーし!!しかしだ!!
咲に自分の弱さを吐露した後、1人で草原に寝転がり、日が暮れる頃の仁先生のモノローグ。

「医学の針を進めればもしかしたら未来の彼女は助かるかもしれない。
自分はそのためにここへ来たのかもしれない」

前に私が書いた感想文の、パターン1か!?パターン1なのか!?

そっか!!そうだよね(T∇T)
恋人が助かるかもしれないんだもんね!!
でも、この先、医師の使命感<恋人 になったら、嫌だなあ。

仁先生がコレラで死線を彷徨っていたときに、仁先生が現代に戻った夢を見て、未来(みき)に「いいよ、仁先生、また会えるから」って言われた。江戸に残っていいよ、江戸の人を救ってあげて、そして他の人を選んでもいいんだよ、と私は解釈した。
そっかー!!先に恋人に許して貰えば、いま、江戸で咲と寄り添うのもアリかも!?なんて考えちゃったので、「恋人の運命を変えるために江戸に来た」のモノローグで_| ̄|○

いや、これからは、また気が変わるかもしれないし!!
この際、誰が大事でもいいんだけど(よくないけど)、せせこましい恋愛ドラマにはしないで下さい。
世界の中心で愛を叫んだりしないでください。

あと、前回今回はシビアなシーンが多かったので、次回は仁先生と咲のほのぼのシーンをお願いします。原作よりも微笑ましい雰囲気になりそうで期待しています。原作は良い意味で、師弟関係が結構強いので。
あー、やっぱり私は咲派なんだわ。というか、中谷美紀の野風の顔が怖いんだよぉぉ。あと老けすぎ。
仁先生の現代の恋人と二役にするには、年齢的に仕方がなかったのか。それにしても、無理があるような。

拍手する

仮面ライダーW第8話「Cを探せ/ダンシングヒーロー」を見たよ

2009/10/25 日曜日 - 22:39:51 -

先週に引き続き、ゲストキャラのダンスの腕前は微妙で、世界を目指すどころか、関東大会も無理じゃないか?ってくらい。
それに、ゲスト男が演技も下手くそなのか、むかつく顔なのか判らんが、見ていて苛ついて仕方がなかった。
所長(亜樹子ちゃん)も、フィリップに「その顔いい!」とか言ったりして、ぬるい恋愛ドラマの複線か!?と思ったし。

そして、前回は敵にガイアメモリを奪われるという、とんでもない事をやられたのに、あっさり奪い返しただけ。対策は無しかい!?
以前、ミリオンコロッセロの話では、前編で二人で変身故の弱点をつかれ、後編では二人であるが故に敵との賭けに勝てた。ちゃんと前編で発生した問題を後編で回収してるわけだ。
今回のガイアメモリだって、そういうオトシマエをつけるはずなのに、ぶん投げたまんま。
また、奪われてピンチになるかもしれないじゃん。

なんか変だな。と思っていたら、脚本家がいつもの人と違った。
いつもは「三条陸」って人なんだけど、前回と今回は「荒川稔久」でした。
電王のときもそうだったんだけど、映画撮影の時期と被ると、脚本家は映画の脚本を書くために、違う人がドラマの脚本を書くんだよね。電王のときにも、小林靖子氏じゃないときは変な話だった。キンタロスが痛いキャラすぎて。

視聴者が違和感覚えまくりなのに、なんでスタッフはそれを通しちゃうんだろう?

それにしても、本当にゲストがウザイ回だったなあ。
翔太郎は相変わらず、じっくり話すときには低いボイスで格好よかった。
変身ポーズも格好良いね。いつものことだけど。ベルトをWに広げて、手をおろして、てのひらを敵に向けるポーズが好き。

あ!!ここで、話を締めるつもりだったが、大事なことを思い出した!
仮面ライダーWのスーツアクターの高岩さん!!やっぱりダンスしながら戦うハメになりましたね。
電王ガンフォームの悪夢再びでした。

拍手する

フレッシュプリキュア見てるけど

- 11:17:40 -

シフォン、うぜー。

拍手する

子供が新型インフルエンザになりました

2009/10/23 金曜日 - 23:53:07 - タグ:

タマ……。流行病には縁が無かったはずなのに、クラスでいち早く発症してしまった。園内では発生しているが、タマのクラスでは未だ0人でした。
幸い、昨日は38度、今朝は37度と8度の間をいったりきたりで、食欲もあります。
昨日は夜間救急に駆け込んで、というかテンパった私が救急車を呼んでしまった。今朝、ダンナに会社を休んで貰って小児科に連れて行き、検査結果が新型。薄い陽性反応ですが、陽性は陽性。
タミフル処方されて飲んでます。

タマが心配なのはさることながら、一番の心配はダンナと私に感染してしまわないか、ってこと。
それでなくても来週いっぱいは休園決定なので、どうせ感染するならば、とっとと感染したい。タマが治る頃に発症して合計2週間休み、なんてことになったら大変すぎる。

会社に報告したら上司に「子供、一人で寝てんのか?」と聞かれました。
まさか、家にひとりぼっちにして出社するわけないでしょーが。
と大笑いしたが、文章にして読んでみると「寝室に隔離しているのか?」という意味にも受け取れる。
どっちの意味だったんだろう?もし後者ならば、私はトンチンカンな受け答えをしてしまった。

拍手する

原作『JIN~仁~』も読んでいるよ

2009/10/21 水曜日 - 22:59:18 -

笑いたくば笑え。
今、うちには、『JIN~仁~』3巻~16巻と総集編上巻がある。ここ数日で買ったものだ。
しかも総集編を買った理由は単行本の1~2巻が書店で売り切れていたからだ。
単行本が手に入れば別途手に入れるであろう。
会社の近くの書店で買っているが、『ごくせん』映画化のときには『ごくせん』の単行本を買い、『JIN~仁~』がドラマ化されれば、その原作も買う。自意識過剰だけど、店員に「ミーハー客」と思われてそうで恥ずかしい。

でも、『JIN~仁~』が特別なのは
原作も、面白い
ドラマも、面白いってこと。
そんで、原作とドラマで主人公 仁のキャラクターというか立ち位置が違う。
違っても、それはそれで面白くて、ドラマと原作で2種類の面白さが味わえて、お得な気分。

以下、ダラダラと原作の感想を書きます。ネタバレになるかもしれない。
構わない方は↓続きをドゾー

拍手する

健康にかんする幸せ

- 0:19:34 -

私は難病で月に一度、大学病院に通院している。
前回行ったときに待合室で近くに座った、年配の女性が、その隣の女性に話しかけていた。
「私、こういう所に来たの初めてで」と話し始め、不安そうに自分の症状を切々と語っていた。
私は眠くてウツラウツラしながら、『その年まで大学病院に来なくて済んで幸せじゃねーか』と思った。

でも、たぶん、この女性は、大学病院に来なくて済んだことが幸せ、とは気づいてないんだろーな。
私なんか、ちょっと検査結果がヤバくなったら、入院治療決定で、毎月ドキドキしている。そして、今月も入院しなくて済むと判ると、「ホーよかったー」と胸をなで下ろす。
私の方が病気なんだけど、私の方が無事生きていることを幸せに思っているんだろうな、と考えた。

でも、なんか負け惜しみみたいだ。
幸せに鈍感でもいいから、やっぱ健康がいいなー。

拍手する

JIN -仁-第2話見たよ

2009/10/19 月曜日 - 0:04:20 -

ダメだ、大沢たかおにやられたー。
良かったー。主役を演じているのが、大沢たかおで。
雰囲気があるんですよねー。キャラクターの厚みがあるというか。
冒頭、草原を歩きながら「やっぱ、ねーなー、ホルマリン」と言う箇所も笑えましたし。
ちなみに服装は着物ですが(裾がツンツルテンに見えます)、足元は現代のサンダルでした。

自分が人を救うことが未来を変えることになると躊躇したり、あんまり躊躇しすぎると、「医者としてどうなの?」って話になっちゃうので、ホント難しい。
綾瀬はるかの「人を救わない道理とはいかなるものですか!?」の叱咤もよかった。この勢いがあり、「やっぱり人の命を助けよう!!」という流れになるのもテンポが良かった。

話題は……コレラ。
下痢と嘔吐の病です。ブツこそは見せませんでしたが、音がリーアールだー!!
尻の位置に穴を開けた板の上に患者を乗せ、板の下と口の側には桶。いちいちトイレに駆け込まなくてもいいように、その場で垂れ流すわけで。結構キッツイものがあります。ドラマ放映は21時、過酷な描写が始まったのは21時20分くらい。みんな夕飯は食べ終わったかー!?

しかし、それでも面白かったんだ!!
そして、下痢嘔吐時は水分補給が大事だと、みんな刷り込まれたはずだ!!

来週は、とうとう、患者の治療にあたっていた、大沢先生(役名は南方先生)がコレラに罹ります。
この為に、大沢たかおは減量したそうです。見たくないなー、弱った先生。でも見るんだろうな。いや、絶対見ます!!

なんか来週第3回目にして、最終回みたいな勢いなんですが。
主役が死にそうになるのって、大抵クライマックスですよね。

拍手する