山田君(仮名)の送別会(4)

2004/12/20 月曜日 - 23:51:29 -

山田君の送別会は時間通りに始まった。
予算は一人4500円で飲み放題付きだが、200円プラスすると生ビールも飲み放題になる。どうしても4500円をオーバーしたくなかったので、生ビール有りにはしなかった。ところが、送別会が始まると、「生ビール無いの!?」と上司。「え・・生ビール付けると一人200円アップになっちゃいますよ。」と私。「そんなの俺が払ってやるから、生ビールにしよう!」と上司&先輩。はい、判りました・・・。その後もコース料理が有るのに、料理を別注文したり(しかも注文した人間が食わない!)、と困ったもんだった。

参加者5人の中で上司と山田君が喫煙者だが、店外で吸ってくれたので助かった。

結局、上司が二人分の料金を払ってくれたので、当初一人5400円だったのが、5000円で収まった。やれやれ。

拍手する

山田君(仮名)の送別会(3)

- 12:44:18 -

今日は山田君(仮名)の送別会当日。始業前に、参加者に日時や場所をメールで通知した。
10時00分、参加者の一人が風邪で欠席すると言ってきた。
ハァ!?
当日にドタキャンッスか。一体どんな風邪なのよ?インフルエンザっすか。
まさか、たった6人の会合でドタキャンが出るたぁ思わなかったわよ。本当に気心の知れている同士でなければドタキャンからは逃れられない運命なのか。

拍手する

山田君(仮名)の送別会(2)

2004/12/19 日曜日 - 19:00:29 -

山田君の送別会の為に、私は寒空の下、駅前をウロウロしている。目的はホットペッパーを入手すること。
会社にもホットペッパーがあるはずだが、日頃全く気にしていなかったので、確実に有るのかが確証がない。送別会当日に出社して「やっぱりホットペッパーが無いじゃ~ん」ってことになったら冷や汗ものなので、やはり今日中に手に入れておかねば。

事前にネットでホットペッパーの設置場所を調べて頭に入れておいたが、そのことごとくが品切れ。挙げ句の果てには、ホットペッパーが有るはずの本屋が、駅ビルの改装で八百屋になっていた。

空っぽのホットペッパーのラックには「ホットペッパーは毎月最終金曜日に入荷です」と書かれている。今日は19日よ。もうほとんど月末じゃないの。こりゃ日曜日に『ビックコミックスピリッツ』(月曜発売)を探すようなものだわ。

もーどうでも良いか・・・。割り引かれる500円分を自分の財布から出せば良いじゃん・・・。
って、何で私が山田君の為に2500円も余分に払わねばならんのよ!?やっぱり探そう。
と、駅の改札口の近くのラックにホットペッパーを発見!たった一冊だけあったホットペッパーは、表紙がクシャクシャで、誰かが一度読んだ後に戻した物のようだ。ゴミ箱に捨てないでくれてありがとう。ありがたや、ありがたや。

送別会には無関係だけど、帰りには本屋で12月16日発売の『ケロロランド冬号』をしっかり買いました。

拍手する

山田君(仮名)の送別会(1)

2004/12/17 金曜日 - 18:42:11 -

後輩の山田君(仮名)が12月24日に退職するので送別会を開くことになった。何か知らんが私が幹事っぽい。幹事は面倒だから嫌いなのに。
山田君の都合やら参加者の都合を聞いて、12月20日に決定。来週の月曜日じゃん。
ダンナには「忘年会の時期だから、お店の予約取れないかもよ~」なんて脅された。勘弁しとくれ。

ダンナの言うとおり、一件目のお店では予約満杯だった。その隣のお店には空きがあり。
しかし、「忘年会シーズンということで、お一人様5000円以上のコースで御願いしています。」とのこと。
「忘年会シーズンということで」とはどういうことよ?送別される山田君の飲食代を参加者で頭割りして、参加費が5500円を超えないようにするには、4500円が限度なのに。

「すみません、何とか4500円になりませんかね?」恥も外聞もあるもんか。
そうすると店員さんが「そうですねー。ホットペッパーのクーポンで5000円が4500に割引されるコースがありますよ。」と教えてくれた。あー、あの駅やコンビニに置いてあるホットペッパーですね!
「今、持っていないので、当日でも良いですか?」「はい、もちろんです。」
ようやく店決定。
あれ、でも最近町中でホットペッパー見ないんですけど。

拍手する

12月24日

2004/12/16 木曜日 - 22:26:45 -

会社の後輩が12月24日で退職するので、送別会をやることになった。周囲の人の予定を聞くと、20日か24日が都合が良いらしい。12月24日はクリスマスイブなので、一応ダンナに断りを入れないとな、と思って携帯メールした。

私:ごめんね。もしかしたら24日送別会かもしれない。

すぐにダンナから返事がきた。

ダンナ:なにかあったっけ?

そうですか、クリスマスは脳内抹殺ですか。

私:いや、ただ世間的にはイブだから

結局、送別される後輩自身が24日に彼女の為にレストランに予約を入れているらしいので、24日はボツになった。
クリスマスだけど全く気兼ねせずに飲みに行けちゃう自分らの関係が気楽で気に入っているんですけどね、負け惜しみじゃなくて、ホントに。

後輩が「そんなこと言って、隠れて準備してますよ、絶対!」と言うが、それは無いって絶対に。

拍手する

暇なんですよ

2004/12/14 火曜日 - 18:00:42 -

妙に仕事が暇になった。暇に任せて仕事で使うテストツール作成に凝りだして、必要以上にツールが充実してきた。しかしテストツールで弄ぶのもそろそろ限界だ。
いっそのこと休んでしまいたい。作業的には明日休んでも全然問題ないが、有給を使いたくないので仕方なく出勤する。
明日は何をしよう?暇つぶしでコッソリ出来る何かを用意しておかないとな。

拍手する

疑惑の空気清浄機

2004/12/13 月曜日 - 18:05:28 -

今日も職場はタバコ臭い。

そんなにタバコが嫌なら会社を辞めろと言われそうだが、タバコ以外の職場は好きだから辞められない。上司にも恵まれているし、仕事内容にも不満はない。敢えて不満を挙げるなら給料が安い事くらい。タバコも目の前で吸われていないので、ギリギリ耐えている。問題は喫煙所から漏れる煙だけ。

一ヶ月前くらいにも週間業務報告書で「タバコ臭くて席に座っているのもしんどい」と書いた。その一週間後に喫煙所の空気清浄機のフィルターが掃除された。掃除は喫煙者が行った。掃除した数日間は若干臭さが和らいだような気がしたが、すぐに元の臭さに戻った。

仲の良い上司(喫煙者)が「そのうち焼き肉屋にあるような凄い空気清浄機が来るから。」と言っていたが、それで煙が無くなるとは思えない。建物の外に強制排気しない限り、室内に空気清浄機を置いても煙は消滅しない。しかし、折角気遣ってくれているのに「それは無駄ですよ。」なんて言えない。とはいえ、お金をかけさせた挙げ句に無駄でした、では目も当てられないし。

そもそも強力な空気清浄機は本当に設置されるのだろうか?予算や導入時期の目処はついているのか?それとも「いつか置こうね。」程度の話なのか?確認するのが怖い。しつこく追求しすぎて話自体がおじゃんになっては元も子もない。

拍手する

掃除が嫌い

2004/12/12 日曜日 - 22:53:57 -

家の中は抜け毛が多い。埃よりも抜け毛が気になる。掃除したそばから抜け毛を発見してグッタリ。こんなに抜け毛が多い家は見たことがない。
ダンナも私も毛が薄くなっているわけでもないのに、何でこんなに抜け毛が多いの。この抜け毛の多さがやる気を失せさせる。
そんなのは掃除をしない言い訳でしかないのだけど。

拍手する

新撰組!最終回

- 22:01:55 -

20時40分ぐらいから涙がだぁ~~~~っと出て、泣きました。あの、ワインボトルのコルクを取り出すシーンからですね。第一回の放送時に「あ~、このアイテムは最後にも出てくるんだろうなあ。」と予想していたのに、やっぱり泣いた。

このコルクを拾った時には、まだ何て事の無い若い兄ちゃんが、いろんな人と出会って京に上って、幕末という訳の判らない時代の一端を担い、そして斬首される。戦死じゃなくて斬首。切腹でもなくて斬首。ダンナ曰く「戦渦の大罪人」だそうだ(ダンナがそう思っているわけじゃなくて、当時の認識が)。
ただの兄ちゃんが、こんなオオゴトになるなんてねえ、と思うと泣けてきた。

新撰組!を見終わってから、NHKのサイトを見て知ったのだけど、土方の兄ちゃんは司馬遼太郎原作の『燃えよ剣』や『新撰組血風録』の映画の土方役だった人、沖田の面倒を見ていた兵吾郎さんは同じく沖田役だった人だそうだ。
うわぁぁぁ。最終回を見る前に知りたかったよ!それを知って見ていれば、より味わい深く見られたのにさ!!

毎週金曜日の会社の昼休みに、ここを読むのが楽しみでした。それも来週で終わりかぁ。
『新選組!』withほぼ日テレビガイド

拍手する

恐るべしシェーキーズ

2004/12/11 土曜日 - 22:20:21 -

ダンナと一緒にシェーキーズの食べ放題を昼食に食べた。結構空腹だったもんで、たーくさん食べた。
そしたら、夕方になっても全然お腹が空かない。ダンナに聞いても空いてないと言う。

「こんなんじゃ夕飯いらないねえ。」なんて冗談で言っていたら、本当に減らない。19時を過ぎても、20時を過ぎても全然夕飯を食べる気分にならない。
私は3食後に薬を飲まねばならないので、食わねばならない。「21時になったら食べるわ。」と言い、結局22時に須天を一個食べただけ。ダンナは夕食抜きだった。

すげえよ、シェーキーズ。二食分であの値段はお得だ。

拍手する