上司

2005/1/31 月曜日 - 12:00:35 -

私の上司は言葉と態度がキツイ。今まで何人も上司のプレッシャーに耐えられなくて会社を辞めた。それ以外にも事情はあるんだろうけど、私が聞いた理由は主にそれだった。私は結構いい加減な性格なのでヘラヘラやり過ごしてきたが、真面目な人はしんどいだろう。

無礼者でおこがましいのも承知だが、上司の言うこととやることの矛盾に納得がいかない事もある。「やることを決めて」「仕切って」と部下に言っても(言われるのは私じゃないけど)、結局は上司の思うとおりに事が進む。部下もそれが判っているから、仕切ることに及び腰になる。

「じゃあ、最初から”決めて”なんて言わないでよ。」

私ならばそう思う。意見を言っても全否定されると足腰も立たなくなる。毎回同じことの繰り返しで前に進んでいる気がしない。もの凄い閉塞感なのだ。そして「どうせやったって無駄じゃん。」と悟って手を抜くことを覚える。

新人の頃に先輩数人とそんな話をした。その時に私は新人のくせに「上司もたまには他人の話に耳を貸して欲しいと思います。」と言った。その場でも同意を得られたし、今でも我ながら言い得て妙だったと思う。

多分、上司も耳は貸していると思う。でも周囲には伝わらない。いつも他人の意見は全否定。自分と同じような意見しか認めない。そんな風に見える。上司の意見は正しいのだけど、だけど・・・上手く言えないけど、何かが違う気がする。強すぎるんだと思う。強すぎて部下(私も含む)が自立出来ない。

私は長年の付き合いで上司の発想パターンを覚えて、完全に上司仕様になってしまった。

とはいえ、私は間もなく妊娠するつもりだから、このまま、のうのうと暮らすつもりではありますが。人間的には好きなので(これは最近辞めた先輩も繰り返し言っていた)。

拍手する

満足感

2005/1/30 日曜日 - 22:30:24 -

自動車で10分くらいの場所にあるステーキハウスで夕飯を食べた。

150gのステーキ、サラダ、ライス、コーヒーで1470円。肉は柔らかく美味しかった。・・・んだが、何かが物足りない。何故だ。

今までステーキは「あさくま」「いわたき」「フォルクス」で食べて、いずれもサラダバー付きだった。それが今回はバー無し。原因はこれか。

肉は旨かったんだけど、質より量な人間だから仕方がない。次回は「いわたき」に行きます。「あさくま」は美味しいけど値段が高いし、「フォルクス」は不味くなったから。

拍手する

ねつ造

2005/1/11 火曜日 - 12:22:01 -

去年末に「会社紹介の原稿を書いて」と言われたが、面倒くさくて放置していた。今日の12時が締め切りなので、午前中に催促メールが来た。仕方がないから書いた。

めざせ育児休暇!なんて言っている私が会社のピーアール記事を書くなんて、へそで茶を沸かすが、そこは大人なので「この会社は良い会社、素晴らしい会社」と自分を洗脳して、タバコ臭いのも忘れて書きました。

ああ、しんどかった。嘘を付くのは辛い。

拍手する

少子化当然でしょ

2005/1/7 金曜日 - 18:21:29 -

そろそろ子供が欲しいと思っているけれど、産んでから育てられるのかが心配だ。一歳までは育児休暇を取るとして、問題はその後。保育所に預けても、現在の仕事を続けたままで育てられるのか?

例えば、昨日私は客先に出向いて、客先を出たのが18時半で帰宅したのは21時過ぎ。
ダンナの帰宅は0時を過ぎていた。
二人して同じ業界(系列会社)で、帰宅時間が不定。大抵はどちらかが早めに帰宅しているが、二人して遅くなることもある。今までは、帰宅しても夕飯を作る程度だったから、遅くなっても外食すれば問題無かった。

しかし、これからは子供だ。確実に決まった時間に帰らなくてはならない。そんなこと出来るのだろうか?そもそも、そこまでして勤め続けるほどの会社か?でも働かなければ住宅ローンも返していけないし。そんな思いがぐるぐる回っている。

  • 二人で働かないと生活できない(格安賃貸に住む、車買わない、旅行行かない、外食しない、ならば生活はできるが、現在の世の中でそんな生活は嫌だ)
  • 子供を産んだら働けない(働きづらい。会社の制度に左右される)

そんなんじゃ子供が産まれるわけないじゃないの。少子化当然でしょ。
出生率を発表して少子化少子化って騒いでいるけど、解決する気は全くないでしょ。

私は子供を産むリスクはいくつも思いつくけど、子供を産まないリスクが全然判らないもの。
少子化が引き起こす問題なんて、年金払う人がいなくなる、くらいしか想像つかないし、「年金払う人がいないから何なの?」と思うくらい他人事だ。
しかし、現在は産む産まないのリスクよりも「子供欲しい」気持ちが大きくなっているので、悩んでいるわけです。だから世の家庭の「子供欲しい」感情に頼っていたら子供が激減するのは当然!!!!

折角なんで、「少子化」でぐぐってみた。
厚生労働省の少子化対策
少子化問題についてのひとりごと
特に少子化問題についてのひとりごとのこの部分に激しく同意!!!

高度成長期のように、男性が外で稼いでくる給料だけで家のローンや子供の教育費etcをまかなえる時代ではなくなってきています。にも関わらず、女性が勤務と家庭を両立できるような社会の仕組みにもなっていない・・・。こんな世の中では、女性は自らのキャリアを捨ててまで結婚に踏み切ろうとは思わないですよね。

厳密には「どうして女性だけが勤務と家庭の両立に悩まなければならないのか?」という考え方もあるのだろうけど、子供を産むのは女性なのだから、女性が切実に悩むのは仕方がないとも思う。

拍手する

仕事初め

2005/1/5 水曜日 - 12:42:22 -

ほぼ一週間ぶりの出勤。
出勤して間もなく、「クッサー。やっぱりこの会社はタバコ臭い。」と実感します。休暇中はタバコの煙を嗅ぐことが一切無かったので、久々に感じる臭さは堪らんです。すかさずマスクを装着。

今年もこの臭いに付き合うのかあ、と思うと仕事をする気も失せるってなもんです。それにしても、どうしてみんなは臭さに気にならないのか?と思ったら、タバコを吸わない人で喫煙所の一番近くに座っているのが私でした。

拍手する

めざせ育児休暇

2004/12/28 火曜日 - 18:03:08 -

現在、仕事に対するテンションが非常に低い。そういう年頃なのだろうか。昔の自分の日記を読むと、「ストレス溜まっている」とか「イライラする」とか書いてあったので、やる気がないのは昨日今日の事ではないみたいだ。元々面倒くさがりだし、仕事に生きる性分でもないのだと気づいた。

最近の目標は妊娠して一年間育児休暇で会社を休むこと。メチャクチャ安直だけど、何となく、子供を産むなら今しかないような気がしているのです。

拍手する

無題

2004/12/27 月曜日 - 12:56:15 -

ときどき、自分が何で仕事をしているのかが判らなくなる。
お金の為だけにしては、拘束時間と賃金が釣り合っていないような気がするし、やりがいのようなものは、既に無くなってしまったとも思う。細かい不満が積もり積もってやる気がないのか、理由もなくやる気がないのかも判らない。

とりあえず仕事は自分が携わる必然性が無い。別に私じゃなくたって良い。それは会社組織として当然のこと。誰かが辞めて機能しないようでは、どうしようもない。
しかし自分の生きていく道として、
このタバコ臭い会社で、
出世もせず、
給料も大して上がらず、
ぶーぶー不満を言い続けて、
それでも毎日出勤して、
それで後悔しないのか?と。
転職したところで、数年も経てば慣れてきて不満も出てくるだろうし、サラリーマンをやっている限り、どの会社に行っても大体同じだ。

だったら、私でなければ出来ないことって何だ?と考えた。それは自分の子供の親になること。
今まで「子供は欲しくない」と、かたくなに言い続けてきたが、最近変わっている。

拍手する

お詫びのクリスマスケーキ

2004/12/25 土曜日 - 22:55:30 -

ダンナが休日出勤なので、私は遠慮無く実家の母と妹と買い物に出かけた。結婚祝いに本棚を買ってもらうのだ。本棚を選ぶのが面倒で、結婚してから二年間も引き延ばしていた。

御徒町の多慶屋の家具売り場に行った。
見本の本棚は、どれも引き戸が重くてイマイチだった。見本が重いならば、商品も重いだろう。結局、今日も本棚は買わずに退散。

実家で夕ご飯もごちそうになった。ダンナは早めに仕事が終わったようで、家でコンビニ弁当だった。
ダンナに申し訳ない気がしたので、お詫びにクリスマスケーキを買って帰った。

拍手する

お詫びのチキン

2004/12/24 金曜日 - 23:54:28 -

クリスマスイブなんて関係ないさ。
夕ご飯は会社の先輩(女性)と一緒に食べたさ。
1480円のレディースセットで値段の割には物足りなかったさ。
オシャレっぽい店だったから仕方ないさ。

帰宅してからも、ほげ~っとダンナの帰りを待った。今日退職した山田君(仮名)は今頃予約したレストランで彼女と食事ですよ。山田君のくせに!←ここ「のび太のクセに生意気だぞ!」のノリです。

23時少し前にダンナが帰宅。
「メリ~クリスマス」と言って、ミニストップで買ったピリ辛チキンとプリン・ア・ラモードをコタツの上に置いてくれました。
「おぉ!クリスマスじゃん!!」と私。
「買わないと、ただじゃすまない気がして・・・。」
そんなに私は殺気だっていましたか。

拍手する

何もしない日

2004/12/23 木曜日 - 22:45:08 -

10時45分起床。朝ご飯をもそもそ食べて、昨晩洗濯した服をベランダで干す。寒い。洗濯は大嫌いだ。ついでに掃除も炊事も嫌いだ。

洗濯物を干し終わったくらいにダンナが起きた。私に昼ご飯を作る気は無い。ウダウダしていたらダンナが混ぜ御飯とスープを作ってくれた。昼食後にダンナはゲーム、私はネット。夕方くらいになると眠くなってきた。私に夕ご飯を作る気はない。昼寝していたら、ダンナがシチューを作ってくれた。
夕ご飯前に洗濯物を取り込んで、適当にしまう。

ああ、今日も何もしない一日だった。

拍手する