宇宙刑事シャイダーをもう一度見た

2019/4/5 金曜日 - 1:19:00

ずいぶん前に『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE 』を見てBlu-rayも買って、なんとなく見たくなるときがあって何度も繰り返し見た。最近も久しぶりに見返して、今回はそれだけでは収まらなくなって『宇宙刑事シリーズ ソングコレクション~FOR NEXT GENERATION~』も買っちゃって、改めて宇宙刑事シャイダーを見たくなって大変なことになっている。
アマゾンプライムで1話ずつレンタルした挙げ句にBlu-ray BOX1を買ってしまった。ついでにサントラも買ってしまった。

シャイダー放映当時、わたしは小学2年生か3年生くらいだった。宇宙刑事はギャバンから見ていて、シャリバンで敵が怖すぎて途中脱落した。シャリバンは本当に怖かった。夜空にサイコの顔がばああああんと度々出てくるものだから、夜空を見上げられなくなった。
そしてシャイダーで帰ってきた。

シューティングフォーメーションが衝撃的にカッコ良かった。
構えるアングルとか、たまりません!!今でもカッコいい。

あとレーザーブレードの逆手持ちとか!!



いかにして魅せようか制作陣は相当がんばったんだろうなあ。

エンディングもすごかった。


どこに立ってるんだ!危険すぎるだろ!!
大人になった今だから突っ込めることで、子どもの当時は宇宙刑事だから当たり前くらいに思っていたはず。

改めて見るとシャイダーとアニーの相棒関係が素晴らしかった。
円谷氏がアクション俳優ではないから云々がついてまわるけど、むしろそれでよかったのでは?と思った。
ギャバンもシャリバンもヒーローがひたすら一人で身体を張ってパートナーは後方支援で、それはそれでいいんだけど、3作目は変えてみようと挑戦したのだろう。たぶん3作目もヒーロー単独だったら、いまこんなに夢中で見ていない。それこそギャバンでもシャリバンでもいいわけで。
アニーは強くても意外と敵の罠にかかることも多くて、それをシャイダーが救う。シャイダーとアニーがお互いを助け合っているのが見ていて清々しい。
アニーがシャイダーの変身前後を一環してシャイダーと呼ぶので、沢村大も変身後のシャイダーも同一の人に見える。変身バンクの繋ぎ方もよいからだと思う。撮影技術は現在よりも拙いのに、この一体感はなんなんだろう。
沢村大の声はちょっと高めでシャイダーに変身するとドスがきいていて、それもいい。

まだ全話は見てないので、これから見るのが楽しみだ。

拍手する

コメントをどうぞ

XHTML:You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スパム避けです。数式が成立する数字を入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.