『ありがとう(第2シリーズ)』の感想-第42回-

2016/6/5 日曜日 - 1:22:19 タグ:

虎先生のあまりの仕打ちにアパートは蜂の巣を突いたような大騒ぎ。
4201
誰よりも水戸さんが一番怒っている。
「女心は女だからわかる。こうなったらみんなで力を合わせて古山さんのために頑張りますからね!」

ある意味、水戸さんは虎先生の無神経さの被害者でもある。
虎先生は大昔から新を好きだったし、その気持ちは揺るぎようもなかったのだから、水戸さんをきちんと拒絶すべきだったんだよね。
水戸さんはなーんも知らされないまま、虎先生と新の決定的瞬間を目撃しちゃったわけで、なかなか残酷な失恋であった。カマボコ事件の弁解も結論出すべきことを先延ばしにしただけだった。

女だらけの職場の、自分を好きかどうかも判らない女の子1人だけにカマボコをあげる虎先生なんだから、無神経なのは推して知るべし。広道に「なぜ未練たらしく、カマボコを届けたりしたんだい?」ときかれても、「俺にもよくわからんなあ」って答えていた。
虎先生は考え無しの無神経というのは序盤から一貫しているのである。よくも悪くも。
 
 
虎先生を吊し上げる会 <女性の部> 開始
今までベタベタベショベショで察してちゃんだった水戸さんが虎先生を責める責める。
4202

応戦一方の虎先生。
4203

しーちゃんの視線もキツイ。
4204
丁寧な喋り方でビシバシくるのが爽快。

「虎先生は思いやりがなさすぎると思います」

「結婚はお二人のものではあるけど、お二人だけのものではないんですよ。たとえば古山さんのお母さんのことを考えたことがありますか。母親は娘の結婚式に夢を持っています。贅沢でなくてもいい。きちんとした」

虎「きちんとするよ」

「なにもかも略しすぎています」ピシャリ!

しーちゃんカッコいい!!
ここで広道が「いいよ、姉さん!」

4205
「広道……」
(裏切り者め。ことの発端はみんなに祝福される結婚式にしろだの、ユニフォーム結婚だの言ってきたお前だろうが!)

広道、さては世渡り上手だな? 多勢の女性軍につきやがった。
4206
「俺はだんだんわかってきたんだよ。ここに集まっているみんなの気持ちが」

だが姉さんはコウモリ野郎を許さん。
4207
「ひろちゃん、わかり方が遅すぎます」ピシャリ。
 
 
この場を収めたのは新だった。新はみんなの気遣いに感謝し、予定通り普段着の新婚旅行無しの指輪無しの結婚をすると宣言した。

「式の日に着るのは皆さんの親切、そして指に嵌めるのは結婚する心。旅はその日から始まるんです。人生という旅が」

4208

見事に丸く収まった。
そうはいっても、折を見て旅行に行けばいいし、指輪も買ったら良いんじゃない?

もう一つ感動的なのは、この筋書きを十七子としーちゃんが考えたということ。広道をめぐって犬猿の仲と言えなくもない二人が協力したのは画期的なことであった。

秀逸な脚本だと思う。虎先生と新に結婚式に対する姿勢にすれ違いを起こさせ、それに対してみんなが虎先生に怒ることで、新へ向けられるはずの嫉妬心を払拭した。新と虎先生の結婚を誰もが祝福してくれた。
虎先生は吊し上げられちゃったけど、身を呈して新くんを守ったとも言えるわけですよ。本人にそんなつもりはなくてもね。

そういえば吊し上げ会に桃がいなかった。
桃はアパートの住人ではないからか。新とも特別仲が良いわけでもなし。相沢3兄弟との話の分断っぷりがハンパない。 
 

島先生も祝福してくれた。
「二世誕生の節は引き受けますからね」

4209
「二世誕生って?」
「俺たちンだよ~」

この虎先生の言い方がね、照れちゃって喜んじゃって、もう大変!
 
 
4210
「虎先生、ヘラヘラ笑ってないで患者さんです」

吹っ切れた水戸さんいいなあ。
 
 
『皆さんに祝福される結婚式を』問題が解決すると次は母娘関係。
親の心子知らずが目白押し。
新のために、お母ちゃんは買い物リストを作っていたが、新は虎先生と買い物に行くからと言う。貯金もあると言う。

新のために反物を借りてきた頃
4211

新は章子さんから着物講座を受講中
4212
グーグルもウィキペディアもないから、後ろで虎先生が必死にメモってる。

4213
「伊達締めは貰った、と」
メモる虎先生を小突く新。微笑ましい。

章子さんは娘時代の着物を洗い張りして仕立て直して新に譲ってくれるという。
4214
「ありがとう義姉さん!」
喜ぶ虎先生を『図々しいんだよ!』とばかりに肘打ちする新。微笑ましい。
 
 
結婚準備は順調順調
4215
 
 
十家もみんないい人。横暴な兄も意地悪な小姑なんかもいない。
4217
みんなが新の嫁入りを喜んで受け入れようとしている。
なにもかも順調すぎてお母ちゃんの出る幕なし。
 
 
新とお母ちゃんに別れのときが近づいている。
4218
夕方とか勘弁してほしいよね!
ただでさえ物悲しく見えちゃうんだからさ!
演出が丁寧すぎるよ!!
 
 
 
<今日の広道>
十七子と新宿にご飯を食べにいった広道。十七子はしーちゃんも誘ったけど、しーちゃんが遠慮してしまった。その帰り道。
4216
「姉さんどうしたの?」

広道こそどうしたんだ。まるで七五三みたいじゃないか。

拍手する

コメントをどうぞ

XHTML:You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スパム避けです。数式が成立する数字を入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.