『なんちゃって駅弁』の感想を書くよ

2011/6/10 金曜日 - 15:13:58

『なんちゃって駅弁』をネットで検索しても、感想が非常に少ない(補足参照)。
こんなに面白いのに!面白い気持ちを共有したい!
というわけで、まずは私の感想をつらつら書いていこうかと思います。
こんな僻地のブログでも、誰かが見つけてくれるかもしれないし。

まず、店頭で『駅弁大集合』を見かけたら、とりあえず買っちゃってください!
次に店頭に行ったときには無いかもしれません。
そして店頭から消えたら2度と手にすることはできないかもしれません。
17話も入って530円、絶対買いです!
いつもならば「買って」なんて書かないのだけど、買おうと思えばいつでも買える世の中だから。

『なんちゃって駅弁』が損をしていると思うのは、題名、デザインからして
駅弁好きでなければ面白くないと誤解されそうなこと。
しかし、そんなことはないんです!
私は鉄オタでもなければ、駅弁好きってわけでもない。
駅弁フェアで駅弁を買い込んだりもしない。ちょっと値段みて「高いなー」と思って買わずに帰るタイプ。
その私が、これだけハマった。

この漫画は駅弁を紹介するだけの漫画ではない。
だって「なんちゃって」駅弁なのだから。出てくるのは駅弁ではなく、駅弁を再現したもの。
それも、ただ再現するだけではなく、高齢の社長の為に脂肪分を抜いたり、虫歯のときにはタコを簡単に噛みきれるくらい柔らかく煮る。そういう心遣い、心配りがある。
なんちゃって駅弁作りの手際の良さが仕事への姿勢に通じていたり、駅弁へのノスタルジーだけではなく、祖母との思い出を絡めた話もある。むしろ駅弁そのものへの思い入れが強い人は社長と吉井(『駅弁大集合』から登場)くらいだ。

この物語の軸はいくつもあるが、まずは社長と専務の関係。
それについて、またちょっと感想を書きたいと思う。

 

補足
「本がないならブログをお読み」というブログに再現レポつき感想がありました。
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/blog-entry-699.html
素晴らしい!

拍手する

コメントをどうぞ

XHTML:You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スパム避けです。数式が成立する数字を入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.