『Ns’あおい』が終わってしまった

2010/9/25 土曜日 - 18:28:36

モーニングで連載中の『Ns’あおい』が突如終わってしまった。
そろそろラストに向けてまとめに入っているとは思っていたが、今号で終わるとは驚きだ。6年半も連載していたのに、前触れらしきものも何もなかった。「次号、最終回!」くらいはあってもいいんじゃん……ビックリしたよ。

連載開始時に、舞台である、あかね市民病院に飛ばされてきた主人公・美空あおいは、最終回でも地方の診療所に飛ばされた。
最初に飛ばされた原因は、看護師でありながら気管挿管(医師免許が必要)をしてしまったこと(他に医師がおらず、彼女が挿管しなければ患者は亡くなっていた)、最終回は病院長の命令(医療事故をコッソリ隠蔽しろ)に従わなかったから、である。

あおいは、それまでも患者を優先するあまり何度となく命令無視をしてきたのに、今になって何故飛ばす?と疑問でもないが、単純な打ち切りでもなさそうだ。

救いは、あおいが最初に飛ばされたときは1人で、勤務先の病院にも味方がいない状況であったが、最終回では緒田医師が追いかけてきてくれたことだ。
あおいの料理は超絶マズイのだが、緒田はそれを普通に旨いと思えるので、きっとこれからも大丈夫だろう。
以前に、あおい弟が「姉の料理を食ったんですか!?」と緒田に詰め寄る場面があったが、これはシスコン弟ではなく(あんなマズイものを食って平気なのか?)という意味である。
緒田とあおいのエピソードを、もうちょっと読みたかったなあ。

もうちょっとも何も、2人は具体的に想いを口にすることもなく、ましてや手を握ったことすらない。前述のあおいの料理を食べたというのも、緒田の為に作ったのではなく、年末年始の夜勤で正月だからとお節料理らしきものをあおいが作り、休憩時間に食べただけ。デートも無い。
そんな状況で、あおいの異動先の診療所に押しかけ女房のように追ってきた(新規設立病院の副院長のポストを蹴って!)緒田先生、スゲーよ。

この2人のすっとぼけた恋愛模様を読みたい人は大勢いるはずだ!

恋愛が主の話も大好物だが、主テーマが別にあって、箸休めのようにほのぼのラブがあるのも、私は大好物だ。

拍手する

コメントをどうぞ

XHTML:You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スパム避けです。数式が成立する数字を入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.